筋肉と代謝のうれしい関係

田仲 智子
氏名
たなか ともこ
ふりがな
田仲 智子
所属
一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会
有資格
エイジレスバレエ・ストレッチ講師指導士 エイジレスバレエ・ストレッチ認定講師
想い
"日本の中高齢者の常識を変えたい・・・という思いから、このエイジレスバレエ・ストレッチを考案しました。元気で活発でイキイキした後半人生をおくる中高齢者の方々・・・。 「人生最後の日まで自分の足で歩く」ことは、その前提条件になってきます。 「エイジレスバレエ・ストレッチ」は、日本で誕生した中高齢者向けの健康な身体をつくる専用プログラムです。医師の監修を受け、クラシックバレエの素晴らしいメソッドと体幹トレーニングを、中高齢者向けにアレンジしたレッスン内容です。 40、50、60、70、80歳からスタートして一生涯続けられる、ゆるやかな動きのプログラム。特に大切な「腹筋・背筋・お尻・太もも・ふくらはぎ」といった大きな筋肉の強化とともに、関節の可動域を広げていきます。 クラシック音楽とともに、呼吸法も取り入れ、ゆったりとした動きで、自分自身の体に向き合いセルフサポートをしていく。 お一人おひとりの意識で変えられる身体(=人生)をスタートしていただきたいと願っています。 運動を全くしたことのない方でも簡単にスタートできて、しかも楽しみながら長く続けられるエイジレスバレエ・ストレッチを一人でも多くの方に知っていただき、体感、継続いただくことこそ、健康寿命の獲得、そして一歩進んだサクセスフル・エイジング※の実現だと考えます。 ※サクセスフル・エイジング サクセスフル・エイジングとは、直訳すると「幸せな老後」と訳されますが、単に偶然幸せになったという意味ではなく、成功裏に老いるという加齢のプロセスについての意味が含まれます。 「病気、ケガを避ける」「高い精神的・身体的機能の維持(=自立して生活ができる)」「人生における熱心な活動(=夢や希望がある)」の3要素が備わっている(=自助努力で備えること)が サクセスフル・エイジングに繋がると考えられています。 (「サクセスフル・エイジング」はアメリカのマッカーサー財団により実証研究が行われ、健康的で活動的で生産的な高齢者を調査した結果、その要素が見出されました。
プロフィールをもっと見る

急がず、ゆっくり自分の体を見つめていく

「なんだか、おなかまわりがたるんできたなぁ・・・」
「ふくらはぎの筋肉、前まで触るとキュッとしまった感じだったのに、なぜか今はユルユル・・・」

そんな経験のある方。
きっと、太りやすくなったと感じておられるのではないでしょうか?

半分あきらめ、半分なんとかしたい。
体の筋肉が減少すると代謝が悪くなってきます。
大きな筋肉の一位は太もも、二位がおしり、ふくらはぎも大切。
よく見てみるとみんな下半身なんですね。

つまり下半身の筋肉強化を図ると代謝は改善すると考えられます。
特に足のむくみのある方は、それも解消していく可能性ありです。
心臓から送られた血液が下半身に送られ、また心臓に帰っていく時に重力に逆らって上がっていかなくてはなりません。下半身、特にふくらはぎの筋肉が重要となってきます。
人は二足歩行なのでなおさら心臓までの距離があります。
「ふくらはぎは第二の心臓」とよく言われますよね。

エイジレスバレエ・ストレッチでは、下半身の筋肉を強化するプログラムを中心にレッスンしています。ひたすらストイックに強化するのではなく、ゆっくり動き、自分自身の体を自分で観察していきます。自分で理解し、自分の意志で関節をゆるめたり、腹筋や背筋、お尻の筋肉、太ももやふくらはぎを連動して使っていきます。
クラシック音楽を聞きながらですから、気持ちはゆったり、呼吸はゆっくり。
ストレスなく自分に向き合う時間です。