急がば周れ!「ストレッチ」の重要性!

田仲 智子
氏名
たなか ともこ
ふりがな
田仲 智子
所属
一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会
有資格
エイジレスバレエ・ストレッチ講師指導士 エイジレスバレエ・ストレッチ認定講師
想い
"日本の中高齢者の常識を変えたい・・・という思いから、このエイジレスバレエ・ストレッチを考案しました。元気で活発でイキイキした後半人生をおくる中高齢者の方々・・・。 「人生最後の日まで自分の足で歩く」ことは、その前提条件になってきます。 「エイジレスバレエ・ストレッチ」は、日本で誕生した中高齢者向けの健康な身体をつくる専用プログラムです。医師の監修を受け、クラシックバレエの素晴らしいメソッドと体幹トレーニングを、中高齢者向けにアレンジしたレッスン内容です。 40、50、60、70、80歳からスタートして一生涯続けられる、ゆるやかな動きのプログラム。特に大切な「腹筋・背筋・お尻・太もも・ふくらはぎ」といった大きな筋肉の強化とともに、関節の可動域を広げていきます。 クラシック音楽とともに、呼吸法も取り入れ、ゆったりとした動きで、自分自身の体に向き合いセルフサポートをしていく。 お一人おひとりの意識で変えられる身体(=人生)をスタートしていただきたいと願っています。 運動を全くしたことのない方でも簡単にスタートできて、しかも楽しみながら長く続けられるエイジレスバレエ・ストレッチを一人でも多くの方に知っていただき、体感、継続いただくことこそ、健康寿命の獲得、そして一歩進んだサクセスフル・エイジング※の実現だと考えます。 ※サクセスフル・エイジング サクセスフル・エイジングとは、直訳すると「幸せな老後」と訳されますが、単に偶然幸せになったという意味ではなく、成功裏に老いるという加齢のプロセスについての意味が含まれます。 「病気、ケガを避ける」「高い精神的・身体的機能の維持(=自立して生活ができる)」「人生における熱心な活動(=夢や希望がある)」の3要素が備わっている(=自助努力で備えること)が サクセスフル・エイジングに繋がると考えられています。 (「サクセスフル・エイジング」はアメリカのマッカーサー財団により実証研究が行われ、健康的で活動的で生産的な高齢者を調査した結果、その要素が見出されました。
プロフィールをもっと見る

急がば周れ!「ストレッチ」の重要性!

実は、5年前は『エイジレスバレエ』でした。

現在は『エイジレスバレエ・ストレッチ』!! 

エイジレスバレエ・ストレッチ

今後、何があろうと『エイジレスバレエ』に戻ることはできません。

『ストレッチ』という言葉がプログラム名にしっかりと組み込まれているのは、

そのぐらいに『ストレッチ』の果たす役割が大きいからです。

『エイジレスバレエ・ストレッチ』の発端は、

大人から「バレエ」をスタートした仲間たちが、

「バレエ」の優れた健康効果の高さに衝撃を受け、

「この素晴らしいメソッドを社会の健康づくりに活かさない手は無い!」

という想いからスタートした運動プログラムです。

スタートは2013年

「バレエ」の健康効果、

 ・「体幹が強くなる」

 ・「姿勢が良くなり肩こりや腰痛も軽減」

 ・「体が柔らかくなる」

 ・「バランス感覚が高まる」

【結論:体の調子が快調になっていく!】

これを世の中の沢山の方々に享受してもらうため、

バレエの数ある動きの中から「健康効果」を生み出す動きを徹底的に洗い出して、

「誰でも・いつからでも・無理なく・継続できる」プログラム創りをスタートしました。 

エイジレスバレエ・ストレッチ

「バレエ」の動きで「健康効果」を生み出す動きは主に、

「立ち姿勢」「プリエ(スクワットの様な動き)」「タンジュ(片足立ちの様な動き)」です。

プログラム構築のために試行錯誤をひたすら繰り返す・・・。

「どのぐらいの速さで?」「どんなことに注意しながら?」「何回する?」・・・。

何度も何度もプログラムを改良していくうちに、

なんと、「バレエ」の動きの効果を高めるために多きく変化した内容は、

当初、『3分』だった「ストレッチ」を、どんどん延ばして『25分』にするという結果になりました。

60分間のレッスンの中で、ストレッチが25分です!

半分を占めることに!

『エイジレスバレエ』は『エイジレスバレエ・ストレッチ』になったわけです。

「バレエ」の動きの「健康効果」を高めることを突き詰めていくと、

結局、まずベースとなる体を整えることに行きつきました。

「柔らかい筋肉」「柔らかい関節」「血流を促す」「溜まっている疲労を取り除く」「身体を程よく温める」そんなことです。

これは『ストレッチ』によって行います。

物事って突き詰めると結局、基礎(ベース)が大切です。

そして「バレエの基礎」を行う前に整えるべき基礎は、

『カラダ』!!

「急がば周れ!」なのです。

結局、一番効率の高い「バレエを健康づくりに活かす方法」は、

『エイジレスバレエ』ではなく、

『エイジレスバレエ・ストレッチ』となりました。

エイジレスバレエ・ストレッチ エイジレスバレエ 中高齢バレエ 健康づくり SAY 一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会 健康寿命 ストレッチ バレエ 中高齢 運動

エイジレスバレエ・ストレッチ